Dustbox

2021年3月15日の日記

log

ブルーアーカイブのリリースから怒涛の緊急メンテ、不具合ラッシュで意気消沈したところへウマ娘のリリースでソシャゲ界隈が大移動している。我らがアークナイツくんは、密林イベが終わり同時開催していたケオべの迷宮が引き続き開催中だ。
正式名称「ケオベの茸狩迷界」はメインのゲーム性に付与する別のゲーム方式としてはとてもよくできていると思う反面、私の頭ではワンプレイ一時間前後かかるため、理性(所謂スタミナ)消費を含むと結構な時間を取られる。最近のソシャゲの方向性は拘束時間を少なくする方向にあるため、相対的にしんどさが目に付くところが残念だ。とはいえゲームに上乗せしたゲーム、尚且つソシャゲとしてはかなりゲーム性に寄った作りになっている。実際に良い意味で「常設にしろ」と言っているプレイヤーも少なくない。(時間が足りない等の良い意味には含まない意見もある、私も両方の意味で常設してほしい)
マルチエンディング、隠しエンディングやドロップするイベント用アイテムの収集等のやり込み要素も多く、時間が取りづらい身としてはこちらも良い意味でも悪い意味でもいい加減にしろと思ってしまう。イベント期間は今週の水曜までなので、なんとかイベント報酬くらいは全回収したい。

前述のウマ娘だが、友人に尋ねられたものの私も彼もともに「プレイしない」方向で一致した。
彼の理由は委細までは承知していないが、私は「界隈の盛り上がり方が辛すぎる」が理由だ。逆張りと取って貰っていいと思うんだが、嫌悪している訳ではない。なんというか「少し距離を置きたい」が近い感情かもしれない。一番の理由は、過去にある界隈でしんどい目に遭っていて、その上でその辺の界隈がウマ娘に移動していそうな流れが見受けられるのが大きい。「嫌いな人間が好きなものが嫌い」というなんとも器が小さい理由だが、器が小さいことは自覚しているし趣味の世界の私情だ。私自身は、この仕様もない精神性は諦めることにしている。

これも完全に私情だが、ウマ娘を始めとする一連の Cygames を持ち上げる流れは非常に気に食わない。
確かに現在では国内ではある程度のサービスを継続できる企業ではあると思うものの、グラブル7周年では Relink の内容がなく、4年前に CBT を行ったLOST ORDERに至ってはそれ以来なんの情報もない。正直 Relink はプラチナゲームズが抜けた時点で良くて様子見だと思っているのでなんでもいいんだが、プラチナゲームズ、松野泰己と吉田明彦を起用して頓挫の報告すらない LOST ORDER に関しては形容し難い憤りを感じている。 故に、複数を掛け持ちしているとはいえ何の動きも見せない KMR を称賛する風潮が気に食わない。頓挫したなら頓挫したと言ってくれ。

後半はタダの愚痴だった。こんな乱文書いている暇があったら、頭にキノコを生やしてこよう。